フィリピン留学にどうしてtoeic

toeicは英語の能力を調べるテストです。特にリスニングの力とリーディングの力が分かります。この2つの力は、フィリピン留学をした時に必要になります。特にリスニングができないと、日常の会話で相手の言うことが分からないので、現地での生活がしにくくなります。リーディングの能力は学校で英語を勉強する時に特に必要です。テキストを読みながら、勉強を進めていくので、テキストの内容が分からなかったら、授業についていけません。この試験で良いスコアを取ることができたら、フィリピンに行ったときにスムーズに生活できるようになります。英語をほとんど話せなくても、フィリピンでは何とか生活できるでしょう。それでも、言葉が不自由だったら、勉強の効率が上がらないのでお金をかけて留学する意味がなくなってしまいます。

日本にいるうちに高いスコアを取っておこう

toeicの勉強を日本にいるうちに熱心にやっておきましょう。フィリピン留学をして点数を上げると言う考え方もあります。しかし、それでは現地に行ったときに不自由をすることになります。フィリピン留学の前にある程度高いスコアを取っておけば、現地に行って勉強をしたら、そのスコアはさらにアップします。フィリピンに行くための大切な準備としてこの試験の勉強を始めます。日本にいる間は独学でも構いません。適切な参考書を使って、ネットを活用すれば、このテストのスコアは上がります。ネットはリスニングの力をつけるために使うようにします。好きな俳優のインタヴューの動画を聞いたり、英語のニュースのサイトを試聴します。ニュースは時間が短いので、毎日空き時間に聞くのにはぴったりです。

スピーキングの力とリスニングの力

toeicにはスピーキングのテストはありません。スピーキングの力もフィリピン留学をした時は必要になります。ただし、スピーキングは自分のペースでしゃべることができます。自分の知っている語彙を使って、ゆっくり話しても意思は伝えることが可能です。リスニングの方は、自分のペースで言葉を使えないので、スピーキングより難しくなります。リスニングが正確にできるようになれば、スピーキングの力も上がっていきます。リスニングで聞き取った表現を覚えるようにして、自分が話す時にそれを使います。このように考えると、スピーキングの力よりもリスニングの力の方が大切なことが分かります。toeicではリスニングの問題が100問出されます。これを正確に解答できるようにすることは、スピーキングの能力を上げることでもあります。

東京・大阪・福岡・セブのオフィスにて、24時間356日皆様の留学を徹底サポートします。 留学手続きに関する代行費用、送金手数料等は一切無料です。 2か月に1度は現地での学校視察を行っており、常に新鮮で的確な情報をご案内します。 ワーキングホリデーやインターンシップなどの留学後のキャリアデザインもサポート。 直営の英会話スクールやオンライン英会話にて、留学前後の英語学習を提供しています。 toeic対策のためのフィリピン留学は【フィリピン留学ドットコム】