フィリピン留学に必要な語学力をtoeicでチェックする

フィリピン留学に必要な語学力はtoeicのスコアで言うと大体300スコア程度で十分ではないでしょうか。日本の義務教育を受けている程度で問題ありません。問題はフィリピンに到着してからです。フィリピンの語学学校のほとんどは、入学当日にtoeicの試験を受けます。もちろん正式な試験ではありませんが、これにより大体のレベルを把握し、生徒に合わせた先生の選択と、教科書を選択します。授業はどこもマンツーマンで行われており、分からないことは生徒のペースに合わせてすすめられるので、質問もしやすいですし噛み砕いた授業が行われます。マンツーマンのよいところは、先生と生徒の間に信頼関係が生まれること、たまには教科書から脱線して個人的なやり取りもできるということではないでしょうか。

フィリピン留学をおすすめする理由について

フィリピンではマンツーマンの授業で自分に合ったペースで学習できます。しっかりと自分のレベルを把握して弱点の強化と英語力の底上げに特化していますし、自分に適した指導を受けることができます。また1週間程度の短期間から留学することも可能で、英語で会話することの楽しさを実感できます。多くの方と一緒に授業を受けるオーストラリアやカナダの留学ももちろん魅力的ですが、英語で話すことへの恐怖心や羞恥心を持ってしまったり、積極的に発言することができない方もいます。留学期間を充実したものにするために、フィリピンでは生徒視点で、生徒に合った指導を行っています。また他の学生に気兼ねすることなく自分のペースで学習を進められるのが特徴です。欧米圏への留学前のステップとして、自分の英語がどこまで通用するのか試すため、また英語に慣れるといった面でもお勧めです。

toeicのスコアは伸びるのか

意外と知られていないですが、フィリピンはアメリカとイギリスに次いで、世界で3番目に多く英語が話されている国です。フィリピン留学前にその国特有のなまりがあるのではないかと心配になる方も多いと思います。もちろん、一般人にはなまりがありますが、語学学校の先生はしっかりとした教育を受けており、質の高い教育を受けることができます。英語力は徐々に上がっていきますので、なかなか実感がわかないかもしれませんが、授業を毎日受けているだけで、自然と耳が英語に慣れ、toeicのスコアもそれに合わせて上がります。フィリピン人の高い英語力は世界でも評価されていますし、フィリピン英語は日本人が聞きなれたアメリカ英語ですので、限られた予算と時間の中で最大の成果を実感できることでしょう。