フィリピン留学にtoeicは必要なの

フィリピン留学にtoeicのスコアは全く関係ありません。もちろんスコアが高いということは、その分現地の方々とコミュニケーションは取りやすいでしょう。しかしスコアが高いこととコミュニケーション能力はイコールではありません。自分のレベルを知るためにフィリピン到着前にtoeicの試験を受けるのはありです。しかし実際に大事なのは実践です。フィリピン留学ではほとんどの学校がマンツーマンレッスンとなります。入学してまず、その学校の定める試験を受けて、その結果により担任の先生が決まるというシステムです。もちろんマンツーマンですので、クラスメイトの授業を遅らせるのは申し訳ないから質問はしない、なんてことを気にしなくていいのです。授業は生徒のレベルに合わせて進められます。toeicのスコアは事前に必要ではありませんが、代わりに事前に文法や単語力を上げてからのぞむとよいでしょう。スコアはその後に必然とついてきます。

英語力を伸ばしたいなら恥を捨てましょう

フィリピン留学では、恥を捨てましょう。留学に大事なのは日本人特有の恥を捨てることから始まります。間違えたら恥ずかしい、発音が下手だから、伝えたい言葉が伝えられずにもどかしいから話さない。その考えが英語力アップの妨害をします。日本語にない発音がなければ発声できないのが当たり前。国が違えば言葉は当たり前に違うのです。伝えようと積極的に会話をすることが重要です。留学に来ているのですからこれから学べばいいのです。マンツーマンですから、理解できるまで何度でも聞けますし、分からなければ分からないと伝えれば噛み砕いて教えてくれます。もちろん出来ないことが当たり前だと先生も理解していますので、出来ないことに笑われることはないですし、こちらが積極的な姿勢を見せれば、その気持ちにしっかりと答えてくれますし、正しい英語をしっかりと教えてくれます。

目の前にあるものを英語で表現してみましょう

例えばHelloやHow are you の言葉を、どんな意味だったかと考えたりしますか。この英語は誰しもが知っていて、その返答もすぐに返すことができます。日本人はネイティブから英語で尋ねられると、まず頭の中で日本語に変換して、次に日本語で考えた返答の言葉を更に頭の中で英語に変換して、正しいのかどうか考えてから口にします。しかしそれではいつまで経っても上達はしません。日本語変換脳から英語脳に変えるためには、常日頃から目の前にあるものを英語で表現することが大事です。例えば目の前にいる人の服、その人が何をしているのかThe man who is wearing red shirt is singing a song.など、とにかく目の前で起こっていることを英語で考えるようにすることで、日本語へ変換してしまう脳から離脱しましょう。そうすることによって徐々に授業での会話の枠が増え、自然と英語力が身に付き、自然とtoeicのスコアは上がります。